マイクロスコープによる「高成功率」の根管治療|医)パーフェクトスマイル|八王子・三鷹・荻窪

キービジュアル

「何度も治療しているが一向に良くならない・・・」
「痛み・腫れが続く・・・」
「他院で抜歯ですと言われてしまった・・・」

来院される患者様が
よくおっしゃる言葉。

拡大機器を利用することで
成功率は90%まで高まります。
他院での処置がうまくいかない方、
一度ご相談ください。

1回1時間 8000円

根管治療を「可視化」することによって患者様が享受できる利益

根管治療がうまくいかずに悩まれている方はたくさんいらっしゃいます。
しかし、しっかりとした設備・材料と時間をかけることでその悩みから解放されることはあまり知られていません。当院では、拡大装置(マイクロスコープ・高倍率ルーペ)を根管治療に活用することで、再発を防止します。つまり、成功率が高まります。これからその理由を具体的にお伝えいたします。

拡大機器を利用することで
「再発を防止」し「成功率」を高めます

当院で実施している「可視化」根管治療は、「再発しにくい」ことが最大の特徴です。
従来式の根管治療の成功率は50%と言われています。当院で行う根管治療の成功率は約90%となります。また、アメリカの大学でとられた統計では下記のようなデータが出ています。

 

根管治療の精度

被せ物の精度

成功率

パターン①

〇高い精密度

〇精度の高い被せ物

91.4%

パターン②

△中度の精密度

〇精度の高い被せ物

67.6%

パターン③

〇高い精密度

×精度の低い被せ物

44.1%

パターン④

×低い精密度

×精度の低い被せ物

18.1%

上記データからは、精密な根管治療を行い、自費の被せ物の治療を行った場合の成功率は91%とまずまず高いですが、根管治療の精度も悪く、被せ物も保険の治療であれば、80%以上の確立で再発するというデータが出ています。

当院でなぜ約90%の確率で再発させない根管治療ができているかといいますと、主な理由は拡大機器である「マイクロスコープ」を利用しているからに他なりません。
マイクロスコープは約20倍の倍率で視野を拡大してくれる装置です。
詳細はマイクロスコープをご参照ください。

マイクロスコープ

根管治療は通常の治療よりもより一層細かな作業が求められる治療です。
下の画像をご覧ください。黒くなっている部分が「根管」と呼ばれる部分なのですが、根管が複数に分岐しており、非常に複雑な構造をしています。

根管

この部分を綺麗に清掃する必要があるのですが、正直なお話、「肉眼」だけでは、しっかりと見えない部分が出てきます。つまり、清掃できない部分が生じるということです。その部分を放置しているとどうなると思いますか?ご推察の通り、また痛みなどが生じ、再治療を行う必要がでてきます。しかし、再治療を行ったとしても同じ「肉眼」であれば、問題の部分を見つけることは出来ませんので、結局、痛みなどが継続してしまうことになります。

マイクロスコープを利用することで、肉眼では見えない部分が見えるようになります。
そのため、根管を把握できずに再治療になってしまう可能性がほぼなくなります。

当法人が「その他」に実施している根管治療を成功させるための取り組み

根管治療の成功率を向上させるために、当院で実施しているその他の取り組みをご紹介します。

取り組み 1  根管治療になくてはならない「ラバーダム防湿」

ラバーダム防湿は、根管治療を成功させるためには必須のものであり、かつ、実施している医院さんが少ないのが現状です。

ラバーダム

ラバーダム防湿とは、治療する歯以外を薄いゴム製シートで覆いかぶせて口腔内の唾液や細菌による治療部位への感染を防止する道具です。
ラバーダムを使用することで、様々な口腔内細菌が根管に侵入するのを防ぎ、無菌的な処置を行うことが可能になります。逆を言えば、ラバーダム防湿を行わないで行う根管治療は細菌感染の可能性が高まり、再治療の原因ともなります。

根管治療でラバーダム防湿を行うことは欧米では必須の処置となりますが、日本で実施している医院は全国でも数%しかないと言われています。当院で行う根管治療はラバーダム防湿をしっかり実施しておりますので安心して頂けたらと思います。

取り組み2 WAVE ONE システムの利用

根管治療にはファイルという専門の道具を利用します。
従来までは一度利用したものを滅菌し他の患者様に再利用することが多くありました。
しかし、当院ではWAVE ONEシステムを導入しておりますので、滅菌包装されたファイルを1人の患者様に1本利用します。もちろん使い回しはしませんのでこれが原因での感染はありえません。その都度、使い捨てになります。その他、WAVE ONEシステムと従来法との違いをご紹介します。

  • 違い 1治療時間の短縮
  • 違い 2特殊な形状を採用したことによる治療精度の向上
  • 違い 3ファイル破折に伴う再治療の軽減

個別無料相談のお申込み/ご予約

当法人では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。
ご興味がある方は下記からお近くの医院を選択して頂きお問い合わせください。

ロゴ

お近くの医院をご選択ください

八王子医院

受付

八王子駅から徒歩5分

042-646-6665

詳細はこちら

荻窪医院

受付

荻窪駅から徒歩2分

03-6383-5113

詳細はこちら

三鷹・武蔵野市医院

受付

三鷹駅から徒歩1分

0422-38-8641

詳細はこちら

このページの先頭に戻る