マイクロスコープによる「再発させない」虫歯治療|医)パーフェクトスマイル|八王子・三鷹・荻窪

キービジュアル

「虫歯は再発してしまう」

これは誤った認識です。
拡大機器による精度の高い治療を行うことで、
治療後の歯の耐久性を高めます。

虫歯治療を「可視化」することによって患者様が享受できる利益

拡大装置(マイクロスコープ・高倍率ルーペ)を虫歯治療で活用することで、下記のメリットが生まれます。

それぞれご紹介します。

拡大機器を利用することで
「虫歯の再発を防ぎます」

治療をしたのに、また再発してしまった・・・。
これには患者様の日々のケアが不十分であることに起因することもありますが、歯科医院側の処置に起因することもあります。

一例をお伝えします。
例えば、治療で歯を削った場合、その部分を詰め物・被せ物で「封鎖」していくのですが、この封鎖作業が不十分だと、隙間から虫歯菌が入り込み、再発の原因となります。

肉眼では、しっかり封鎖することには限界があります。
なぜなら小さな細菌が相手となりますので・・・。

しかし、拡大機器を利用すると、しっかり封鎖ができますので、再発リスクを最小限まで抑えることが可能になります。

拡大機器を利用することで
「歯の寿命」を延ばします

「MI」という言葉を聞いたことがありますか?

MIとは(Minimal Intervention)の略で、直訳すると「最小の侵襲」という意味になります。簡単に説明しますと、歯をできるだけ抜かず、削らずに治療を行おうという考え方です。

今までの一般的な歯科治療は、虫歯に侵された部分を削って詰め、そして削る部分がなくなれば歯を抜いてしまうというものでした。つまり、治療をすればするほど歯の寿命が短くなってしまいます。

しかし、近年では歯科材料技術の進歩もあり、今までの治療法とは異なる考え方が徐々に歯科界に浸透してきています。それがMI(できるだけ歯を抜かず、削らずに治療を行い、健康な歯を残していくという考え方)です。

当法人は、MIを推進しています。

それは、MIをしっかりと実践することで「歯の寿命が延びる」ためです。

当院では様々な手法でMI治療を実践していますが、その要(かなめ)となるのが、このホームページでご紹介している拡大機器(マイクロスコープ・高倍率ルーペ)です。

これらを利用することで、削るべき部分、削る必要のない部分をしっかり見極めたうえで処置できるため、これまでのように健康な歯まで削ってしまうことはなくなります。

拡大治療とは異なりますが、当法人では「痛くない」治療も実践しています

当法人では、快適な治療を受けて頂くため「可能な限り痛くない」治療も実践しています。
簡単にご紹介します。

Step 1  表面麻酔

表面麻酔

事前に、注射する部分に麻酔液を塗ります。
これにより注射時の痛みを無くします。

Step 2  「極細の針」を使用

極細の針

蚊に刺されても痛くないように、針が小さければ小さいほど痛みは少なくなります。
当院では現在発売されている中でも一番極細の針(33G)を使い、ソフトに注射することで痛みを抑えます。

Step 3  電動麻酔注射の利用

電動麻酔注射

急激に麻酔液を注入すると細胞が膨張し痛みの原因となりますので、ゆっくりと時間をかけ麻酔液を注入していくことが大切となります。 そこで当院では注入速度を機械制御した「電動麻酔注射」を導入し、痛みを最小限に抑える工夫をしております。また、ケースによっては手動の方がよい場合もありますので、「電動麻酔注射」と「手動」を併用しています。

可能な限り「痛くない」治療を希望される方、ぜひ当院にお越しください。

個別無料相談のお申込み/ご予約

当法人では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。
ご興味がある方は下記からお近くの医院を選択して頂きお問い合わせください。

ロゴ

お近くの医院をご選択ください

八王子医院

受付

八王子駅から徒歩5分

042-646-6665

詳細はこちら

荻窪医院

受付

荻窪駅から徒歩2分

03-6383-5113

詳細はこちら

三鷹・武蔵野市医院

受付

三鷹駅から徒歩1分

0422-38-8641

詳細はこちら

このページの先頭に戻る